リノベーションされたマンションを購入するメリットとデメリット

新しくマンションの購入を検討する際、候補に挙がるのが「新築マンション」「中古マンション」です。最近では「リノベーションマンション」にも人気が集まっています。一般的にリノベーションマンションとは、中古マンションを新築同様に内装と設備を綺麗に一新しているマンションのことを言います。新築マンションを買うよりも安価で、中古マンションのデメリットである古さをなくしたことにより注目されています。

リフォームとリノベーションの違い、リノベーションマンションを購入するメリット・デメリットを以下で説明していきます。

1. リノベーション物件は中古マンション

家を買う時の重要なポイントとして、「見た目」「価格」「立地環境」「新築かどうか」などを上げる方が多いですが、すべての条件を満たした物件を見つけるのはなかなか難しいものです。立地環境と価格はいいが中古物件だった、新築で価格も問題ないが立地条件が悪い、などいずれかの項目を諦めるか妥協しなくてはならないことが多くあります。

リノベーション物件とは、もともとは中古のマンションの内装を綺麗にし、設備を一新して現在の生活環境にあったマンションにしているもので、中古マンションのマイナス面であった内装設備の古さや老朽化、外観の劣化などを一新し一目見ただけでは新築と変わらないようなものが多くあります。

今まで妥協せざるをえなかった部分を解決してくれるという点が注目を集めている理由です。

1-1. リノベーションマンションとリフォームとの違い

リノベーションと似たような単語で「リフォーム」という単語があります。物件を探している際に「フルリノベーション済マンション」「リフォーム済」などの単語が使われていて、同様の意味にとらえている方も多いのではないでしょうか。

リフォームもリノベーションも「住宅に手を加える」という意味では同じですが、それぞれの目的によって単語が使い分けられています。

リフォームは老朽化したものを元の状態(新築の状態)に戻すこと、リノベーションは水回りやガスなども一新し新築以上の性能にする際に使用されます。例えば、壁紙の張替やユニットバスの入れ替えなどはリフォーム、床暖房を新たに設置したり壁を壊してキッチンをダイニングキッチンにしたりする場合はリノベーションに分類されます。

2. リノベーションマンションのメリット

リノベーションマンションは、現代の日本人のライフスタイルや家族構成などに合わせてマンションの性能を向上させているものが多く、住みやすい住宅であると言われています。具体的にどのようなメリットがあるのか、以下で見ていきましょう。

2-1. リノベーションマンションはすぐに入居可能

家を探していて自分の理想とする条件にぴったり一致する物件を見つけた場合、すぐにでも引越しをしてその場で新生活を送り始めたいと思うのではないでしょうか。リノベーションマンションは元々中古マンションなので購入と同時に住み始める事ができます。

急な引越しや退去までの日にちが決まっている場合にも対応が可能です。

新築マンションの場合は、マンションが完成するまでの時間なども必要になってきますが、気に入った物件にすぐ入居できるので新生活をすぐに始めることができるのはとても魅力的ですね。

2-2. リノベーションマンションは新築よりも安い

家を購入したり借りたりするときに一番大切な要因になってくるのは「価格」であると思う方は多いと思います。新築マンションは建物自体も新しいもので、建設前に購入すれば誰かかが住んだ後に住むこともなくなりますがやはりそれなりの価格になります。

リノベーションマンションの場合、内装や設備は新しく新築のようですが中古物件であることには変わりがないので価格自体は新築よりもかなり抑えられており一般的な相場では新築マンションの約6前後での価格設定が多いです。予算内に収まる物件を見つける事ができれば、浮いた分を新しい家具や新生活に必要なものへ充てることもできます。

2-3. リノベーションマンションは選べる物件の幅が広がる

都心や副都心で立地条件のいい場所で新築物件を購入するとなると大幅な予算が必要となりますが、中古物件であるリノベーションマンションの場合は新築マンションよりも価格帯が低く設定されていることが多いです。

新築マンションであれば手が届かなかった物件も、リノベーションマンションであれば購入できるといった状況になるかもしれません。価格を抑えて新築マンションと同じような物件に住めるというところがリノベーションマンションの利点です。

リノベーションマンションを選択肢に入れることで、今までの条件では見つからなかったいい物件に巡り合える可能性がアップします。

2-4. リノベーションマンションは物件を確認した上で購入できる

すでに出来上がっているマンションを確認することになるので、物件の内覧の際にも実際に自分が住むときのことを考えて確認する事ができます。

新築マンションで建設中の場合は、モデルルームでの内覧になるので実際自分が住む部屋とは違っていることがあります。例えば、部屋を歩いた際の床の感触が違っていたり、モデルルームで見ていいと思っていたものが実はオプション購入が必要な付属品であったりと、いざ住み始めてみるとイメージと違うといったこともよくあります。

その点、リノベーションマンションでは自分が住むその部屋を確認できるので、天井の高さや日当たりの良さ、お隣や上下階に住む方の生活音や騒音が聞こえるかどうか、キッチン周りは使いやすいか、など、細かいところまでチェックすることができるので安心です。

2-5. リノベーションマンションは近隣の状況がわかる

新築マンションでは、完成してから一斉に購入者が入居するためお隣に住む方や上下階に住む方がどんな方かが分かりません。

また、モデルルームは大抵1階にあることや実際の建築場所からは少し離れた場所にあることが多いので、実際に購入した部屋に入ると窓からの眺めが悪かったり、高速道路が近く車の騒音が大きかったりする問題が起こる可能性があります。

リノベーション物件の場合は内覧に行った際に実際の周辺環境をダイレクトに感じる事ができるので入居してからのイメージとの乖離が小さくなります。また内覧に行く際には、可能であれば朝・昼・夜と時間帯を変えて行くと、朝方やお昼に外から聞こえる車の音や夕方になってからの日当たりなど時間帯に応じての生活環境が分かるのでおすすめです。

2-6. リノベーションマンションは資産価値が下がりにくい

マンションや戸建て住宅にはその物件の資産価値というものがあり、資産価値が高ければ高いほど売却する際に高く売る事ができます。物件の資産価値は入居したその日から少しずつ下がっていくもので、マンションであれば築15から20年程度で資産価値は約半分になるといわれています。

資産価値を決める要因は建物の立地や築年数など様々ですが、マンションの資産価値は築約20年を過ぎたあたりから横ばいになることが多いようです。この為、新築で購入したものよりも、すでに築年数が経過した中古物件をリノベーションしたマンションの方が資産価値の下がり幅が小さくなります。

2-7. リノベーションマンションは環境負荷が低い

「スクラップ&ビルド」という単語があるように、現在のようにリフォームやリノベーションに注目が集まるまでは、築年数の経過した物件は一度取り壊しをしてから新しく建て直すといったことが行われていました。

住むならば新築がいいという考えから行われているものですが、物件の取り壊しや再建築は近隣住宅の方への騒音などの迷惑にもなり、環境に対しても大きな負荷がかかります。

とくに現在では、地球温暖化などにより環境への配慮が意識されるようになり、以前に比べるとエコなものへの関心が高くなってきています。既存の物件をそのままに必要な部分だけを補修・強化して価値を高めるリノベーションが注目されています。

3. リノベーションマンションのデメリット

多くのメリットが感じられるリノベーションマンションですが、その反面デメリットもあります。しかしそのデメリットは、知っていれば購入前に回避することができるものばかりです。家は大きな買い物です。

購入した後にイメージと違った、思ったよりお金がかかった、などの問題が起こらないようにメリットだけでなくデメリットもしっかり理解し把握した上で検討することが大切です。

3-1. リノベーションマンションは自分好みの改装ができない

リノベーションマンションは、すでに内装や間取りを一新しているマンションですので、自分の好みに合った内装、間取りを指定して一から作り上げる事はできません。間取りや設備にこだわりのある方は、それに合った物件を探すかもしくは新築マンションで建設中の場合は間取り変更などが可能な物件もあるのでそういった物件を探す必要があります。

リノベーションマンションを購入後、自身で気になる部分をリフォームすることもできますが、追加費用がかかりますし、せっかくリノベーションマンションを購入するのであれば自分の気に入った内装や間取りの物件を見つけられるようしっかりと希望を伝えて探すことをおすすめします。

3-2. リノベーションマンションは自分でするよりも割高になる

リノベーションマンションは中古マンションを新築のように綺麗にしているもので、本来は中古マンションであるため新築マンションを購入するよりは安くなるとメリット部分でお伝えしましたが、中古マンションを購入後自分でリノベーションするよりは割高になることがあります。

リノベーションマンションは、マンション自体の価格に加えてリノベーションにかかった費用を上乗せして販売されているので、本来の中古物件の価格より高くなっています。

また、不動産会社に利益が出るように本来かかったリノベーション費用以上の金額を上乗せしているため、自分でリノベーションするよりも割高になります。

3-3. リノベーションマンションは改装前の状態がわからない

中古マンションを購入することの一番のデメリットと言えば、建物の老朽化が築浅のマンションより進んでいることや、新耐震基準を満たしていない物件があることです。リノベーションされていない物件であれば直接確認できますし目立って劣化している部分があれば入居前に気づくことができますが、リノベーション物件は内装が綺麗にされているので、目に見えない柱や配管などの確認を忘れてしまいがちです。

もちろん、リノベーションの際に耐震基準を満たせるように耐震補強をしていたり、配管まで一新していたりする物件もあります。物件を確認する際には現在の状態だけでなく、改装前の状態はどうだったのか、配管などは新しいものに交換されているのか、耐震基準は満たしているのかなどを不動産会社に説明してもらうことが大切です。

3-4. リノベーションマンションは専有部分以外は古いまま

リノベーションマンションの場合、管理体制やオートロックなどの共有部分、専有部分は元のままです。しっかりとした管理でセキュリティ万全のマンションがいい、といった場合はその機能をもともと持った中古マンションでリノベーションされている物件を選ぶことになります。

また、多くのマンションでは玄関のドアやバルコニー、廊下などが共有部分になるので、内覧の時にはドアのきしみや窓枠などもしっかりと確認する必要があります。物件を決める際にはリノベーションされて綺麗になっている部分だけでなく、手の施されていない共有スペースにもしっかりと目を向けて確認するようにすると良いでしょう。

4. リノベーションマンションのまとめ

このように、リノベーションマンションには様々なメリットがあります。新築マンションではなくわざわざ選んでリノベーションマンションを購入する人が増加しているのもうなずけますね。

家を購入するということは、人生の中でも大きな買い物になります。即断即決するのではなく、何度も物件に足を運び様々な物件を見比べて慎重に選ぶようにしましょう。

また、メリットだけでなく、それに伴うデメリットにもしっかりと目を向けて、自分が本当に希望する条件などを整理したうえで「これだ」という物件を見極めることが大切です。