浴室リフォームのポイント

浴室は水回りであることに加え、多くの場合全体をまとめてリフォームすることから、大規模なリフォーム工事になりがちです。そのため、浴室リフォームの費用相場は特に気になるところです。しかし、浴室リフォームにはさまざまな方法があり、リフォーム費用はさまざまです。

そこでこちらでは、浴室リフォームが必要な時期や工事期間、リフォーム事例・実例と注意点について、詳しく説明致します。住宅の中でも特に多くの種類がある浴室リフォームについて知れば、快適で満足の行く浴室リフォームが実現します。ですから、ぜひ最後まで読んでいただければと思います。

 1. 浴室リフォームの時期は何年?

まず始めに、浴室リフォームを検討すべき時期について説明します。浴室リフォームは、築15~20年で行うのが理想です。その理由として、ユニットバスの場合、耐用年数が15年とされていることが多いことが挙げられます。

また、築20年でも浴槽の見た目がきれいなことは珍しくありません。しかし、浴室は住宅内のトイレやキッチンといった水回りよりもはるかに多くの水を使用します。その上、浴室は毎日のように水に加えて熱湯の熱にもさらされます。そのため、新築から約20年で配管が腐食したり、柱や床下にシロアリによる被害がみられたりします。

これら2つの理由から、浴室リフォームは築15~20年を目安に行うのが理想です。

 

2. 浴室リフォームの工事期間はさまざま

実際に浴室リフォームを行うには、住宅の状況やリフォーム業者によっても若干異なりますが、ユニットバスに交換する場合だと3~7日程度の日数が工事期間として必要です。

浴室リフォームの具体的な工事は、まずは養生ボードを敷いて既存の浴室を解体した後、ユニットバスを搬入して水道・電気工事を行います。そしてユニットバスを据え付けて内装やドアを仕上げて引き渡しとなります。

なお、ユニットバスではなくオーダーだったり、浴室と合わせて洗面所やキッチン、トイレ、のリフォームを行う場合、7日以上の工期となることがほとんどです。

ちなみに、浴室リフォームの工事中は、自宅の浴室を利用することができません。そのため、浴室リフォーム中の入浴は、近くの銭湯などで済ませる必要があります。

 

3. 浴室リフォームの事例・実例

ここまで、浴室リフォームの時期や工事期間について説明しました。浴室リフォームといえば既存ユニットバスから新しいユニットバスであったり、既存の在来工法の浴室からユニットバスへの変更が主ですが、それだけではありません。

ほかにも浴室クリーニングや、ユニットバスではないオーダー、浴室内装、ドア、給湯器交換、バリアフリー化、増築、増設のような浴室リフォームがあります。

ここからはこれらの浴室リフォームについて詳しく説明します。さまざまな浴室リフォームを知って、無駄なく浴室の悩みを解決できる方法を選びましょう。

 

3-1. 浴室のクリーニングによるリフォーム

浴室リフォームの1つ目の事例は、浴室のクリーニングによるリフォームです。クリーニングとは、専門業者な特殊な洗剤を使用して行う掃除のことです。クリーニングでは普段の掃除では落とせない浴室内のカビや水垢を取ることができます。
価格は数万円と、以下で説明するリフォーム方法とくらべると抑えることができるのが特徴です。少ない費用で見た目がきれいになり、新鮮な気持ちになれるのは魅力ですが、新築から15年以上経っている浴室ではあまりお勧めしません。

新築15年以上になると、普段は見えない配管などの部分が腐食している可能性が大きいからです。クリーニングではこのような部分は改善できません。

ですから、クリーニングは築15年未満であるにも関わらず浴槽や浴室全体の汚れが気になる場合に検討しましょう。

 

3-2. 浴室のユニットバス交換によるリフォーム

浴室リフォームの2つ目の事例は、ユニットバスへの交換によるリフォームです。ユニットバスはパネル工法と呼ばれる工法で作られた、天井と壁、床が一体になった浴室のことです。ユニットバスには浴槽や蛇口、シャワーも一体になっていることがほとんどで、現在の住宅の浴室は、約95%がユニットバスです。

すでに工場で製造されたものを現場で組み立てるだけで施工ができるため、短い工期で設置できるのが特徴です。なお、浴室の床と浴槽、蛇口やシャワーなど、ユニットバスの下半分が一体となったハーフユニットもあります。

ハーフユニットは、天井や壁をオーダーすることにより、好みの浴室にすることができるのが特徴です。オーダーによるリフォームについては後述します。ユニットバスのサイズには、以下の8種類の規格があります。

ユニットバスの規格

サイズ 浴室の内寸(短辺×長辺)
1216サイズ 0.75坪 1200mm×1600mm
1217サイズ 0.75坪 1200mm×1700mm
1317サイズ 0.75坪 1300mm×1700mm
1616サイズ 1.0坪 1600mm×1600mm
1717サイズ 1.0坪 1700mm×1700mm
1618サイズ 1.25坪 1600mm×1800mm
1620サイズ 1.25坪 1600mm×2000mm
1621サイズ 1.25坪 1600mm×2100mm
1624サイズ 1.5坪 1600mm×2400mm
1818サイズ 1.5坪 1800mm×1800mm

上記の表の坪とは、洗い場の広さのことです。また、ユニットバスによってはオプションでサウナやミストサウナ、ジャグジー、ジェットバス、スピーカー、テレビなどを追加することができます。

既存のユニットバスと同じサイズであれば、比較的簡単にリフォームができます。なお、ユニットバスは現場で組み立てるので、住宅の壁を壊さずに交換することができるのも特徴です。なお、ユニットバスを製造している主なメーカーは以下のとおりです。

ユニットバスの代表的な製造メーカー
TOTO
http://www.toto.co.jp/products/bath/
TOTOのユニットバスでは、サザナがもっとも人気です。サザナとは、戸建住宅用の標準的なユニットバスです。

LIXIL
http://www.lixil.co.jp/lineup/bathroom/

パナソニック
http://sumai.panasonic.jp/bathroom/

タカラスタンダード
http://www.takara-standard.co.jp/product/system_bath/index.html

ノーリツ
http://www.noritz.co.jp/product/bathroom.html

 

3-3. 浴室のオーダーによるリフォーム

浴室リフォームの3つ目の事例は、オーダーによるリフォームです。上記でも説明したとおり、住宅の約95%の浴室はユニットバスです。しかし、ユニットバスではなくオーダーで、在来工法による浴室リフォームを行う方法もあります。

従来工法とは、浴室の床や壁、天井などを、通常の住宅の部屋と同じ工法で造る工法のことです。オーダーで浴室リフォームを行うメリットは、床や壁、天井はもちろん、浴槽や蛇口、シャワーや設備など、すべてを指定できることです。そのため、ユニットバスでは実現できない浴室とすることができます。

たとえば、高級感のある豪華な浴室や和風で温泉のような浴室、また、石や木を使った浴室にリフォームできます。そして、年数が経過して再度リフォームが必要となったとき、部分リフォームにより費用を抑えることができるのも特徴です。

ただし、一方でユニットバスとくらべると費用が高くなり、工期も長くなるという欠点があります。その欠点を補うため、ユニットバスのところで説明したハーフユニットを使用するという選択肢もあります。

ハーフユニットは浴槽や床、蛇口、シャワーといった浴室に必要な基本的な設備がセットになっているため、壁や天井、照明などはオーダーで仕上げることができます。

このように、浴室のすべてをオーダーでリフォームしたり、ハーフユニットを使用して壁や天井、照明、設備をオーダーしたりというオーダーによるリフォームがあります。

 

3-4. 浴室の内装をリフォーム

浴室リフォームの4つ目の事例は、内装のリフォームです。既存の浴室が従来工法である場合、タイルや壁材を張り替えたり、水栓や天井、窓、窓枠、排水口や排水溝だけをリフォームしたりできます。

ただ、従来工法の浴室をリフォームするときは、ほとんどの場合ユニットバスにリフォームします。そのため、既存の浴室の内装リフォームは、オーダーを除いては一般的ではありません。

 

3-5. 浴室ドアのリフォーム

浴室リフォームの5つ目の事例は、浴室ドアのリフォームです。浴室のドアには主に開き戸と折れ戸、引き戸の3種類があります。これらのドアは開閉のスペースや特徴が異なるため、用途に合ったものに交換することにより、利便性を向上することができます。

もっとも開閉スペースが少ないのは引き戸です。そのため、引き戸だと浴室内の洗い場に人がいてもドアを開けることができます。ですから、ご家族に高齢の方がいらっしゃる場合は引き戸が適していると言えます。

次に開閉スペースが少ないのは折り戸です。折り戸は多くの浴室で使用されている一般的なドアですが、日常生活では浴室以外に使われていないドアです。そのため、小さいお子様には開閉が難しいことが珍しくありません。ですから、お子様がドアを開け閉めするのにあまりに時間がかかったり、自力で開閉できなかったりする場合には、開き戸や引き戸への交換を検討してもよいでしょう。

もっとも多くの開閉スペースが必要なのは、開き戸です。そのため、洗い場に人がいると引っかかってドアが開けられないことがあります。そのため、小さいお子様がいらっしゃるなど、複数人で入浴したり、高齢の方がいらっしゃるご家庭には適していないと言えます。

このように、家族構成や好みによってドアを交換するリフォームもあります。

 

3-6. 浴室の給湯器交換によるリフォーム

浴室リフォームの6つ目の事例は、給湯器の交換です。給湯器の寿命は、一般的に10年と言われています。そのため、場合によっては浴室内のリフォームが必要な時期よりも早めに交換する必要があります。

ただ、浴室内と合わせてリフォームすれば工事代を抑えることができるため、なるべく一緒にリフォームすることをお勧めします。給湯器によっては追い焚き機能だけでなく、自動湯はりや床暖房、浴室乾燥といった機能が付いたものもあります。

このような給湯器に交換することにより、これまでより快適に入浴することができます。このように、浴室リフォームには、給湯器交換もあります。

 

3-7. 浴室のバリアフリーリフォーム

浴室リフォームの7つ目の事例は、バリアフリーリフォームです。ご家族に車椅子を使用している方や高齢者がいらっしゃる場合、浴室の段差を解消したり手すりを設置したりするリフォームが必要になります。

特に車椅子を使用されている方であれば、浴室のドアも通常より広い必要がありますし、入浴のために介助が必要です。このようなバリアフリーリフォームは、浴室だけでなくトイレをはじめ住宅全体として行うことがほとんどです。浴室だけをバリアフリー化しても、車椅子の方や高齢の方にとって快適な住宅にはならないからです。

なお、浴室だけでなく住宅のバリアフリー化は、介護保険で補助金を受けることができます。要介護認定を受けておられる方にとって必要なリフォーム工事に対して補助金がでる制度のことです。

ただ、介護保険の補助金は、バリアフリーリフォームの工事前に申請しないと受けることができません。ですから、実際の工事に取り掛かる前に、お住いの市町村役場に相談しましょう。

 

3-8. 浴室の増築リフォーム

浴室リフォームの8つ目の事例は、増築リフォームです。浴室が狭いと感じる場合、浴室を増築して広くできます。ただ、この場合は住宅の面積が広くなるので、浴室の内部だけでなく、外壁や屋根の工事も必要になります。また、地域や条件によっては建築確認が必要となります。

建築確認とは、建築基準法で義務付けられた行政の許可のことです。一定の条件に当てはまる住宅を増改築する際には、建築確認を受けなければならないこともなっています。一定の条件とは、主に2階建て以上の木造住宅や都市計画区域、防火地域の建物が当てはまります。

たとえ建築確認が必要な条件を満たしていたとしても、無断で増改築を行うと違法建築になってしまいます。違法建築となれば万一のときに火災保険が適用されなかったり、売却できなかったりする恐れがあります。ですから、必要な場合は建築確認の手続きを行うようにしましょう。

また、浴室の増築はあまりに大がかりです。比較的手軽に浴室を広くするには、出窓をつける方法もあります。出窓は厳密には浴室が広くなっていませんが、開放感があり人気です。このように、浴室を増築リフォームする選択肢もあります。

 

3-9. 浴室の増設リフォーム

浴室リフォームの9つ目の事例は、増設リフォームです。増設とは、既存の浴室とは別に、2階などに新たな浴室を作ることです。1階と2階でそれぞれの家族が独立して生活する二世帯住宅では、浴室が2つ必要になります。

2階に浴室を増設する場合、配管や材料を搬入する手間などの理由で1階に浴室を設けるよりも費用がかかるのが欠点です。また、浴室を設置したい場所によっては、配管ができないことがあります。また、2階の浴室が老朽化すると、1階まで水漏れしてしまう恐れもあります。

2階への浴室の増設は、このようにいくつかの大きな欠点はあるものの、1階と2階、それぞれ別々に浴室を利用できるという大きな魅力があります。

以上のとおり、浴室リフォームには主に9つの事例があります。

 

4. 浴室リフォームの注意点

ここまで浴室リフォームの事例を説明しました。浴室リフォームにはいろいろな手法や選択肢があるため、浴室リフォームを依頼した業者とのトラブルには注意しなければなりません。リフォーム工事の後半や完成してからのクレームは、何も解決されないことがほとんどです。ですから、事前にトラブルとなりそうな問題は避けるようにしましょう。

特に失敗やトラブルが多いため避けたいのは、施主支給による浴室リフォームです。施主支給とは、ユニットバスなどを住宅の施主の方が単体で購入し、それをリフォーム業者に渡して工事だけを行ってもらうことです。

製造メーカーのショールームなど、リフォーム業者の見積書に書かれている金額よりも低い金額でユニットバスを手に入れられることを知った場合に、施主支給でリフォームを行うことがあります。

このような方法でも工事を行ってくれるリフォーム業者もありますが、多くの場合トラブルとなります。施主が購入した浴室の種類やサイズが、住宅に適していない可能性があります。その結果、配管や設置に無理のある工事となってしまい、すぐに不具合が生じることがあります。

施主支給での浴室リフォームにはこのようなリスクがあることを知っておきましょう。リフォーム費用を抑えるには、複数のリフォーム業者に現地確認の上、適切なユニットバスや工事を判断してもらった上で見積もりを依頼し、比較するようにしましょう。

 

5. 浴室リフォームのまとめ

こちらでは、浴室リフォームが必要な時期や工事期間、リフォーム事例・実例と注意点について、詳しく説明致しました。

浴室リフォームは、新築から15~20年で行うのが理想です。そして工事期間も3日以上と、リフォーム方法によって大きく変動します。なお、浴室リフォーム中は自宅で入浴できないことに注意しましょう。

浴室リフォームにはクリーニングだけの比較的簡単なものからユニットバスの交換、オーダーなどの内装リフォーム、ドアや給湯器の交換や、バリアフリー化、増築、増設といった大がかりなものまでさまざまです。

浴室リフォームで特に注意すべき点は、施主支給によるリフォームは避けることです。浴室リフォームに適したユニットバスなどを専門知識がない私たちが選ぶことは、想像以上に難しいものです。また、トラブル時のクレームも、リフォーム業者と品物の販売先のどちらに責任があるのか判断が難しいことが多くあります。

ですから、浴室リフォームは1つの業者に依頼することにより、責任の所在を明らかにしておきましょう。