洗面所リフォームの事例とコツやポイント

洗面所リフォームといえば洗面台の交換が代表的です。しかし、毎日水を使用する洗面所は、洗面台だけでなく壁や床の劣化にも気をつけなければなりません。劣化に気付かず放置すると、壁材やフローリングだけでなく柱や床下までが劣化してしまい、大掛かりなリフォームが必要となる恐れがあります。

また、毎日洗顔や歯磨きで使う洗面台が汚れたり劣化すると、気持ちのよいものではありません。適切な時期に洗面所リフォームを行うことにより、住宅の寿命を伸ばすことはもちろん、快適な日常生活を過ごすことができます。そこでこちらでは、洗面所リフォームの事例やコツ・ポイントを詳しく説明致します。

 1. 洗面所リフォームは何年で行うべきか

洗面所リフォームを行う時期は、新築や前回の洗面所リフォームから10~15年が目安です。その理由は、洗面所の床や壁が水漏れや湿気で劣化し、10~15年で交換すべき時期が訪れるからです。

なお、洗面台の寿命は長くて20年程度といわれています。しかし、この20年はもっとも理想的な環境の場合です。地域や住宅の立地条件、洗面所の使い方によって、洗面台の寿命が10~15年程度になることも珍しくありません。また、洗面台の洗面ボウルなどの見た目はきれいでも、内部のパイプや配管が腐食している可能性もあります。

このように、洗面所リフォームを行う時期は、10~15年が目安です。洗面台や洗面所の床、壁の劣化に合わせて交換することにより、住宅を水漏れや湿気による劣化から守ることができます。

 

2. 洗面所リフォームの事例・実例

上記のとおり、洗面所リフォームは洗面台や洗面所の床、壁の劣化に合わせて新築や前回から10~15年で行うのが1つの目安です。そのため、洗面所リフォームでは洗面台や壁材・床材の交換が主で、それらと合わせて収納棚を造作することも多く見られます。

また、洗面台や壁材・床材の劣化に関係なく、必要性が生じたときに洗面所と隣接する部屋との段差解消、洗面所を広くしたり住宅内にもう1つ洗面所を追加したりする洗面所リフォームもあります。なお、洗面所リフォームは浴室やトイレ、キッチンなどのリフォームと合わせて行われることが多くなっています。

以下では洗面所リフォームの主な6つの事例について、詳しく説明します。

 

2-1. 洗面所の洗面台を交換リフォーム

洗面所リフォームの1つ目の事例は、洗面台の交換です。洗面台が古くなると不潔感が増す上、内部の配管が劣化すれば水漏れにより床や床下が腐食する恐れがあります。洗面台と一言でいっても、ユニットタイプやシステムタイプ、カウンタータイプ、ユニバーサルデザインタイプの4種類があります。これらについて説明します。

 

2-1-1. ユニットタイプ

もっとも多く見られる洗面台が、ユニットタイプです。ユニットタイプとは洗面ボウルと鏡、収納棚、照明がセットになった洗面台のことです。さまざまなサイズやデザインのものが製造されているので、洗面所のスペースによって好みのものを選ぶことができます。

 

2-1-2. システムタイプ

洗面台の2つ目のタイプは、システムタイプです。システムタイプは、収納棚や照明、水栓金具などを自由に組み合わせることができる洗面台のことです。組み合わせによってサイズや機能を変えることができ、特に広い洗面所だとスペースを最大限に有効活用することができます。

 

2-1-3. カウンタータイプ

洗面台の3つ目のタイプは、カウンタータイプです。カウンタータイプは壁にカウンターを取り付け、その上に洗面ボウル、そして鏡を取り付けるタイプです。構造が単純であるため、高さやサイズ、デザインを自由に決められるのが特徴です。一方で収納棚が付いていないことがほとんどだという欠点があります。

カウンタータイプでは特にデザイン性の高さが強調されることが多く、北欧やホテルのようなおしゃれなデザインの洗面台を自宅に設置することができます。また、鏡や照明、洗面ボウルを単体で交換することもできます。

 

2-1-4. ユニバーサルデザインタイプ

洗面台の4つ目のタイプは、ユニバーサルデザインタイプです。このタイプは、お子様から高齢の方まで、また車椅子や身体に障がいがある方も含めて、誰でも同じように使えるよう設計されています。

そのため、お子様や高齢の方、車椅子を使用されている方がいらっしゃる住宅にもっとも適しています。また、人間工学に基づいて設計されているため形がユニークです。そのため、インテリアとしてユニバーサルデザインタイプの洗面台を設置している住宅もあります。

以上のとおり、洗面台には4つのタイプがあります。洗面台をリフォームする際には広く知られているユニットタイプだけでなく、さまざまなタイプを参考にすることをお勧めします。ライフスタイルに合った洗面台を見つられる可能性が高くなるでしょう。

 

2-2. 洗面所の壁や床をリフォーム

洗面所リフォームの2つ目の事例は、洗面所の壁紙や床のフローリングの張り替えによるリフォームです。洗面所は水漏れや湿気が多い場所です。そのため、壁材や床材も10~15年程度で劣化したり、カビが生えたりしますが、このような場合は交換が必要になります。

なお、洗面所の壁材やフローリングの耐用年数は、上記で説明した洗面所とほぼ同じです。そのため合わせて交換することにより工事費用を抑えることができます。

洗面所の壁・床リフォームのポイントとしては、湿気やカビに強い材質を選ぶことです。特に木は湿気に弱い材質なので、もっとも適していません。また、水はねで壁が濡れるのを防ぐため、パネルを貼る方法もあります。

 

2-3. 洗面所の収納棚を造作

洗面所リフォームの3つ目の事例は、収納棚の造作です。多くの洗面台には歯ブラシやひげ剃り、ドライヤーなどを収納する棚があります。しかし、ご家族が多いと収納棚だけではスペースが足りないことがあります。また、洗面所にはタオルや洗剤、ハンドソープも置いておきたいものです。

しかし、ユニットタイプの洗面台だと特に言えることですが、収納棚にはそれほど多くものを置いたり収納することができません。そのため、洗面所の空いているスペースに収納棚を造作することにより、洗面所を便利に使えるようになります。

収納棚の造作は、洗面台の交換と合わせて行ったり、ホームセンターで棚を購入したりする方法があります。また、DIYで作るのも比較的人気があります。

 

2-4. 洗面所と隣接する部屋の段差解消

洗面所リフォームの4つ目の事例は、隣接する部屋との段差解消です。洗面所と隣にある浴室やトイレとは、床下の配管などの理由で段差があることが多くあります。このような段差をなくしてスムーズに移動できるようにします。

このようなバリアフリー化は、特に高齢の方の足腰への負担や転倒によるケガの危険性を減らすことができます。具体的には、洗面所と浴室またはトイレの低い方の床を底上げすることによって段差を解消します。

なお、介護保険で要介護認定を受けておられる方のためにバリアフリー化を行う場合、補助金を受けられる可能性があります。ですから、バリアフリーリフォームを行う前に、お住まいの市町村役場に相談してみましょう。バリアフリーリフォームの補助金は工事前に申請しないと補助を受けることができないからです。

このように、洗面所と隣接する部屋の床の高さを合わせ、段差解消するリフォームもあります。

 

2-5. 洗面所を広くする

洗面所リフォームの5つ目の事例は、洗面所を広くすることです。洗面所は、洗濯や脱衣場として使用される場合もあります。このような場合、洗面所と浴室を同時にリフォームすることにより、洗面所の面積を広げることができます。具体的には、浴室と洗面所の壁を一旦撤去し、再度間仕切りをします。

また、実際には洗面所の面積が変わらなくても、洗面台や洗濯機の配置を変えるだけで洗面所を広く利用できることもあります。

これらのリフォームで気をつけなければならないことは、洗面所が広くなった代わりに浴室など他の部屋が狭くなること、そして洗面台や洗濯機の配置によっては、逆に今までよりも不便になってしまう恐れもあることです。

 

2-6. 洗面所を追加する

洗面所リフォームの6つ目の事例は、洗面所の追加です。つまり、住宅内にもう1つの洗面所を作ります。洗面所は多くの場合、朝夜の歯磨きや洗顔で利用します。しかし、住宅によってはトイレの手洗いや庭の水やりにも使用することでしょう。また、家族が多いと朝の洗顔や歯磨きでは、順番待ちや洗面台の取り合いが起こってしまいます。

このような問題を解決するため、既存の洗面所に加えて、トイレを出たところや玄関、廊下、2階などに新たな洗面所を設置するリフォームもあります。玄関や廊下に洗面所があれば、庭の水やりや帰宅直後の手洗いに便利ですし、2階に寝室があったり子供部屋がある住宅なら、就寝前後に2階で歯磨きや洗顔ができます。

ただ、2点注意しなければならないことがあります。1点目は、洗面所の追加は大幅に便利になる半面、すでにある住宅スペースが削られることです。そして2点目は、場所によっては水道の配管工事が必要となるため、リフォーム費用が高額になることです。

しかし、洗面所が2つになれば、生活のあらゆる場面で利便性が向上します。以上のとおり、洗面所リフォームには大きく分けて6つの事例や実例があります。

 

3. 洗面所リフォームのコツやポイント

ここまで洗面所リフォームの事例や実例について説明しました。説明の中でもそれぞれの洗面所リフォームの特徴や注意すべき点について簡単に触れましたが、洗面所リフォームには3つのコツやポイントがあります。

これら3つを押さえた上で洗面所をリフォームすれば、さらに満足の行く結果が得られます。ここではそれらについて、より詳しく説明します。

 

3-1. 洗面所の洗面台の高さ

洗面所リフォームの1つ目のコツやポイントは、洗面台の高さに気をつけることです。洗面台の高さは、身長÷2がもっとも使いやすいと言われています。もし洗面台が高いと、洗顔時に水が腕を伝って肘から落ちます。そうなれば不快ですし、床が濡れてしまいます。

毎日のように床が濡れると、長期的に見て床材の寿命を縮めてしまうことにもつながります。もしご家族の身長がまちまちの場合、ユニバーサルデザインタイプの洗面台に交換するのも1つの選択肢です。ユニバーサルデザインタイプとは上記でも説明しましたが、あらゆる身長の方はもちろん、車椅子に乗ったままでも快適に利用できるよう設計された洗面台のことです。

このようなタイプを取り付ければ、ご家族全員が洗面台を快適に利用することができます。以上のとおり、洗面台は身長÷2がもっとも使いやすい高さです。

 

3-2. 洗面所の洗面台の鏡と照明

洗面所リフォームの2つ目のコツやポイントは、洗面台の鏡と照明に注意することです。洗面台は洗顔や歯磨きだけでなく、ひげ剃りやメイクに活用することも多くあります。ひげ剃りやメイクでは、顔に影ができると剃り残しや化粧ムラの原因となります。

このようなことがないよう、洗面台の鏡にまんべんなく照明が当たるようにしましょう。また、洗面台を窓から朝日が十分に届くように配置する方法もあります。

毎朝のひげ剃りやメイクが美しく仕上がれば、1日を前向きな気分で過ごすことができます。細かい点ですが、せっかくリフォームするのであれば、少しでも日常生活が快適となるようぜひ工夫していただきたいです。

 

3-3. 洗面所での洗濯も考慮する

洗面所リフォームの3つ目のコツやポイントは、洗面所での洗濯も考慮することです。洗面所に、洗面台と洗濯機を並べる住宅は多いですが、洗濯についてあまり考慮されていないことがほとんどです。

そこで、洗濯機の横に作業台を設けるなど、洗濯から物干しまでをスムーズになるように工夫すると、洗濯の負担をこれまでとくらべて減らすことができます。

なお、洗面所とは別に、洗濯機や乾燥機、物干しユニットを設置した家事室を設ける間取りが人気です。洗面所をリフォームする際には、新たに家事室を設けることを検討してもよいでしょう。

 

4. 洗面所リフォームのまとめ

こちらでは、洗面所リフォームの事例やコツ・ポイントを詳しく説明致しました。

洗面所リフォームは洗面台の交換や壁材、床材の交換だけでなく、洗面所と合わせて浴室やトイレのような水回りのリフォームを同時に行う場合であれば、収納棚の造作や隣接する部屋との段差解消、洗面所の間取り変更という方法もあります。

また、洗面所を新たに追加するというリフォームもあります。洗面所リフォームでは、洗面台の高さや鏡、照明、そして洗濯を考慮するようにすれば、細かい部分まで快適な洗面所にリフォームすることができます。

洗面所は毎朝必ず使用するため、快適な1日の始まりとなるよう細かいところまで考慮してリフォームすることをお勧めします。

 

無料ebook|土地活用が気になり出したら最初に読む本

土地活用は相続対策に適していると言われていますが、実はそれ以上に「黒字経営」させることが重要です。

収益性を考えた時に重要になる、

・投資分析の視点
・市場分析の視点
・ファイナンスの視点
・財産継承の視点
・タックスプランニングの視点

という5つの視点の解説など、ブログでは公開できない土地活用のコツをお伝えいたします。