キッチンリフォームの費用別工事事例

毎日使用し、毎日目にとまるため、傷みや劣化に気づきやすいのはやはりキッチンでしょう。長く使っていると水漏れが発生したり、油汚れが取れなくなったり、見た目にも汚れが目立ってきます。

最近では、キッチンのリフォームが一般的なものになってきています。キッチンリフォームと聞くと大掛かりなものを想像しがちですが、部品を交換するだけの比較的安くできて日数もかからないキッチンリフォームもあります。

キッチンリフォームを検討するタイミングや注意点、キッチンの耐用年数、予算別のキッチンリフォーム例などについて以下で見ていきましょう。

 

 

1. キッチンリフォームの時期は何年?

一般的にキッチンの耐用年数は10年~20年程度であると言われています。耐用年数を超えたからといってすぐに壊れるわけではないですが、性能や機能がおちている可能性があります。

実際の使用に影響が出ない場合はそのままにしている人も多いかと思いますが、劣化が蓄積されていくことになり、場合によっては発熱や発煙などの危険が発生することもあります。

 

1-1. キッチンリフォームのタイミング

キッチンをリフォームするタイミングは人によって様々です。古いシンク周りを新しくしたり、便利な機能のついた設備を取り入れたいとき、収納スペースを増やしたいときなどにリフォームを検討することが多いです。

また、天板が汚れてきて傷やサビ、水垢などが目立ち始めてきた場合にリフォームする事もあります。キッチンの見た目や設備を新しくするためだけでなく、キッチンの設備に故障が生じたときにリフォームを行うケースもあります。

例えば、排水管の耐用年数は10年程度と言われていますが、日々の使用方法によってはそれよりも劣化が早まることもあります。排水管の流れが悪くなったり水漏れが生じたりした場合はリフォームのタイミングであると言えます。

また、耐用年数や機器の故障だけではなくライフスタイルの変化によってもリフォームのタイミングは訪れます。同居や結婚などで家族が増え、大きなキッチンが必要になったときや、健康のために外食から自炊に切り替えるため本格的なキッチンが欲しいとき、規制のキッチンよりもこだわって自分好みのキッチンにしたいときなど、リフォームのタイミングは様々です。

 

1-1-1. キッチンの機器別の耐用年数

キッチンの設備機器にもおおよその耐用年数があり、部分的に交換することが可能な箇所もあります。それぞれの耐用年数と交換時期の目安、劣化が進んでくると現れる不具合について以下で確認していきましょう。

●ガスコンロ
耐用年数:10年~15年程度
現れる不具合等:ガスコンロの火がつかない・ついてもすぐに火が消える・火力の調整ができない・異音がする等。

●IHクッキングヒーター
耐用年数:10年~15年程度
現れる不具合等:電源が入らない・電源を入れても温まらない・異音がする・煙が出る・温度の調整ができない等。

●レンジフード
耐用年数:10年程度
現れる不具合等:モーターが劣化し油煙を吸い込まないためフード周り(壁や天井)が汚れる・異音や振動がする・ファンの回転が不規則になる等。

●食器洗い乾燥機
耐用年数:10年程度
現れる不具合等:電源が入らない・食器の洗浄や乾燥ができない・水漏れしている・異音がする・煙が出る等。

●水栓
耐用年数:10年程度
現れる不具合等:蛇口から水漏れする・蛇口から異音がする・レバーがスムーズに動かない等。

 

1-1-2. チェックするポイント

キッチンのリフォームを考える際の目安として、耐用年数以外にもそれぞれの部分の状態によって検討してみるのもいいでしょう。以下に挙げるポイントに該当する箇所があれば、リフォームを検討するタイミングです。

・シンク周りやパッキンなどに腐敗が見られる
・頑固な油汚れやカビが付着していて取れない
・蛇口から水漏れしている
・シンクの下から水漏れしている
・排水溝のぬめりが取れない、排水溝が詰まっている
・換気扇が故障している
・食器洗浄乾燥機やIHクッキングヒーター、レンジなどビルドイン機器が故障している

 

1-2. リフォームのポイント

リフォームには価格や機能などの要素も大切ではありますが、まずは自分がどのようなキッチンにリフォームしたいかを決めることが大切です。自分のイメージするキッチンにするためにはどのような工事内容にするべきかも見えてきますし、リフォーム業者の方にも要望を伝えやすくなります。

・キッチンの収納を増やしたいとき
システムキッチンにして収納を充実させるか、それとは別に今のキッチンにあった収納棚を設置する方法があります。

・キッチンの間取りを変更したいとき
I型キッチンやL型キッチンなどから自分の好みの型を選んでレイアウトを考えます。リフォーム業者にリフォーム後のイメージ図を見せてもらうと具体的な想像ができていいでしょう。

・おしゃれなキッチンにしたいとき
キッチンに光が入るように間取りを考えたり、キッチンの色を変更するという方法があります。棚や天板の色を変えるだけでも見た目の印象が大きく変わります。素材や色にこだわるだけでなく、実際の機能や隣接する部屋との相性も考えて選ぶことが大切です。

・キッチンの設備を充実させたいとき
オーブンレンジや食器洗い乾燥機などの導入を考えている場合、各メーカーのパンフレットなどから性能をしっかりと確認するようにしましょう。それぞれのメーカーによって、重視しているポイントが違うため自分が一番使いたい機能のついている商品を選びましょう。

 

1-2-1. リフォーム業者の選び方

どのような内容のリフォームにしたいか方向性が定まったら、リフォームの業者を選びます。リフォームを専門にしている業者や水回りを専門にしている業者をメインに検討することをおすすめします。

キッチン関係の取引や実績の多さ、専門知識の有無など経験が豊富なリフォーム会社の方が、安心して工事を任せることができます。また、こちらの細かい要望や不安点にもしっかりと対応してくれる可能性が高いです。

検討する際の会社は1社だけでなく、複数社の候補を選んでおきましょう。それぞれの担当者とリフォーム内容について相談し、見積もり等も比較した上で任せるリフォーム会社を選ぶことが大切です。

 

2. リフォームの流れ

実際にキッチンをリフォームする際にどのような工程で工事が進んでいくのかを知ることで、計画もリフォームの計画も立てやすくなります。リフォームの内容によって期間などは異なってきますが、キッチンそのものを交換する際の一般的なリフォームの流れを以下で見ていきましょう。

●古いキッチンを解体して、水道や電気工事を行います。
室内の養生やリフォーム工程の確認をし、古いキッチンを撤去します。給水、排水管の工事や電気工事と合わせて、キッチンの取り付けるための下地工事や屋外のフードの取外し、キッチン前面壁パネルの取り付けなどを行い、新しいキッチンの取り付け準備を終わらせます。

●キッチンの取り付け工事
新しいキッチンを搬入し、レンジフードを取り付けたりキッチンを据付ける工事を行います。コンロの取り付け、クロス貼りに備えてキッチン周りを養生するなどして次の作業に備えます。

●クロス貼りと仕上げ
キッチン周りのクロスを貼り替えます。新しい機能の取り扱い説明を行い、キッチンのリフォームが完了します。

 

2-1. リフォームの期間

工事の内容によっては、キッチンを使用できない期間が発生することがあります。食器洗浄-乾燥機の取り付けやコンロの取り換えなどの部分的なリフォームであれば、比較的早く工事が終わるため数時間から半日程度で使用できるようになりますが、工事内容によっては1ヶ月程度の期間が必要な場合もあります。

目安としては、ガスコンロを交換したり食器洗浄乾燥機を後付けしたりするリフォームは数時間から1日程度で終わります。床や換気扇、タイルの張替などのリフォームを行う場合は約1週間程度の期間が必要です。

さらにキッチンの位置を変えるなど大掛かりなリフォームの場合は2~3週間を要する場合もあります。その間、キッチンが使えない状態となりますので、リフォームの前に担当者に確認ししっかりと計画を立てることが大切です。

 

3. リフォームの予算

リフォームと聞くと大掛かりで費用が高くかかると思う人が多いのではないでしょうか。確かにキッチンリフォームは最新の家電用品に変更したり、キッチンの形そのものを変更したりと大掛かりで高額なリフォームもあります。

しかし、実は30万円以内に収まる、キッチンリフォームとしては比較的安価での工事が可能なものもあります。

 

3-1. リフォームの価格帯

一般的に、キッチンリフォームは50万~150万円が中心の価格帯となります。一番多いケースは既存のキッチンをシステムキッチンへと変更するもので、その工事が50万円前後での施工になります。

キッチンの性能やグレード、それにあわせてクロスや床を貼り替えたりする場合は費用がさらに上乗せになります。

200万円~400万円の高額なリフォームは、主にキッチンの位置を変更する場合が多いです。キッチンの型をI型キッチンからL型キッチンに変更したり、壁付けキッチンから対面式のキッチンへ変更する場合は、ガスや水道、電気の配管工事などが伴うため高額になります。

キッチンそのものの変更ではなく、劣化してきた部分のみの交換やコンロ周りのみの交換など部分的なリフォームは、一般的に言われている50万円よりも安くリフォームできます。

 

3-2. 予算10~30万円のキッチンリフォーム例

10万円から30万円の予算であれば、大掛かりなキッチンリフォームはできませんが、部分的なリフォームが可能です。

例1.コンロをガラストップのガスコンロに交換する
機器代金:ガスコンロ 9万円
工事費用:ガスコンロの交換 2万円
総額:11万円
システムキッチンのコンロをガラストップコンロに交換する簡単なリフォームです。ガラストップコンロは汚れが取れやすく掃除もしやすいため人気の商品です。ガラストップ商品ではなく別のコンロにする場合は商品代金が低くなるため、総額を抑えることができます。

例2.食器洗浄乾燥機を取り付ける
機器代金:食器洗浄乾燥機 15万円
工事費用(材料費含):5万円
総額:20万円
食器洗浄乾燥機を既存のキッチンに取り付けるリフォームです。各メーカーや大きさ、性能によって食器洗浄乾燥機の価格は異なりますが、基本的なものであれば15万円前後となります。工事費用も含めておおよそ20万円前後でのリフォームが可能ですが、電圧が足りない場合は電源の増設工事が必要な場合もあるので注意しましょう。

例3.ガスコンロをIHコンロに交換する
機器代金:IHコンロ 20万円
工事費用:5万円
総額:25万円
ガスコンロをIHコンロに交換するリフォームです。IHコンロは2口コンロであれば10万円程度で購入できます。口数の多いものでも30万円前後となります。こちらも、電圧が足りない場合は電源の増設工事が必要な場合があるので事前に確認しておきましょう。また、今まで使用していた調理器具が使用できない可能性があるので注意が必要です。

 

3-3. 予算50万円~150万円のキッチンリフォーム例

予算が50万円~150万円の場合は、基本的なシステムキッチンへの変更などができます。

例1.システムキッチンの交換
機器代金:間口1800mmのシステムキッチン 25万円
工事費用:25万円
総額:50万円
既存の古いキッチンを解体、撤去し新しいシステムキッチンに交換するリフォームです。オプションを付けずに基本的なもののみであれば工事費用も含めて50万円前後で行うことができます。

例2.大型システムキッチンの交換
機器代金:間口2550mmのシステムキッチン 75万円
工事費用:35万円
総額:110万円
こちらも古いキッチンを撤去してシステムキッチンに変えるリフォームです。システムキッチンのグレードによって費用が上がっています。75万円前後のシステムキッチンであれば、間口が広く、収納スペースも多く設置されています。
一般的にシステムキッチンは30万円~75万円台のものが多く、使用されている素材や表面の仕上げ方法、収納の量や間口の広さなどによってグレードが分かれています。
このほかに、床面の工事やタイルの張替、電気工事などの工程が必要になってきた場合は、さらに工事費用がアップするため、150万前後の費用がかかってくるケースもあります。

 

3-4. 予算200万円~400万円のキッチンリフォーム例

200万円を超える予算の場合、システムキッチンへの変更だけでなく、キッチンそのものの場所を移動させるリフォームができます。

例1.壁付けのシステムキッチンをペニンシュラ型(半島型)に変更
機器代金:間口2550mmのシステムキッチン 100万円
工事費用:100万円
総額:200万円
元々壁付けだったキッチンの場所を移動させ、ペニンシュラ型の対面キッチンへ変更するリフォームです。対面式のシステムキッチンは、見た目にこだわっているものが多く壁付けのシステムキッチンよりも機器代金の相場が高くなっています。

例2.壁付けのシステムキッチンをアイランド型に変更
機器代金:アイランド型のシステムキッチン 200万円
工事費用:200万円
総額:400万円
壁付けのL型のシステムキッチンをアイランド型のキッチンに変更するリフォームです。キッチンの場所や形が変わるため、それに伴ってリビングや内装なども一緒に工事を行うことを想定した価格です。
アイランド型キッチンの部分はシンクのみ、収納を確保するために壁付けの食器棚があるキッチンにした場合は200万円ほどの機器代金がかかります。

上記2つのどちらの例も、キッチンそのものが移動するため、それに伴って床面やタイル、クロス貼り替えなどの作業も発生します。また、給排水の配管工事やダクトの移設、電気配線工事や壁面の補修工事など、追加で必要になる工事が多くなるため工事費用が上乗せされていきます。

 

4. まとめ

キッチンは毎日使用する場所なので、長く生活していると劣化により不具合がでてきたり、汚れてきたりします。パーツごとにリフォームができるため、後から食器洗浄乾燥機を付けたい、オーブンレンジを追加したいといった希望にもこたえることができます。

予算に余裕があるのであれば、キッチンそのものを一新してしまうのも工事を一度に済ませることができるのでいいかもしれません。現在ではキッチンのリフォームを専門で手掛けている業者も多くみられるため、自分の希望をしっかりと伝え、実現してくれる業者を選んでリフォームすることが大切です。