外壁塗装工事の塗料の選び方

建物は、一定期間を経るごとに外壁塗装工事を行うことが重要です。一般に約10年ごとと言われていますが、塗り直しを行わないと建物の劣化が大きく進みます。外壁が劣化し、建物を保護する力が減少してしまうと見えないところも含めて建物が傷みます。

また、外壁塗装工事で使用される塗料には素材ごとにいくつかの種類が存在します。種類ごとに価格や外壁材との相性が異なるため、事前に知識を持っておくことが大切です。そして塗料の効果を最大限に活用するためには、しっかりとした乾燥を経ることが重要なため施工時期も考えなければなりません。

今回は、外壁塗装工事を行う際に知っておきたい塗料の種類や価格、季節ごとの工事の向き不向きについて解説していきます。建物は、一定期間を経るごとに外壁塗装工事を行うことが重要です。一般に約10年ごとと言われていますが、塗り直しを行わないと建物の劣化が大きく進みます。

外壁が劣化し、建物を保護する力が減少してしまうと見えないところも含めて建物が傷みます。また、外壁塗装工事で使用される塗料には素材ごとにいくつかの種類が存在します。種類ごとに価格や外壁材との相性が異なるため、事前に知識を持っておくことが大切です。

そして塗料の効果を最大限に活用するためには、しっかりとした乾燥を経ることが重要なため施工時期も考えなければなりません。今回は、外壁塗装工事を行う際に知っておきたい塗料の種類や価格、季節ごとの工事の向き不向きについて解説していきます。

1. 建物は外壁塗装をやり直さないと急速に劣化する

建物を建て、ある程度の期間(約10年)が経つと外壁塗装工事のことを考える必要が出てきます。その際に、一見すると外壁に異常がなく工事を行う必要は無いように感じても、実際には見えないところで劣化が進んでいることもあります。それらを考慮すると、やはり定期的に外壁塗装をやり直したほうが良いと言えます。

1-1. 外壁からの雨漏り

建物の具体的な劣化の例としては、外壁塗装の劣化により雨水が建物に浸透してしまうことが挙げられます。塗膜と呼ばれる外壁を保護する膜が劣化すると、水分をはじく力が弱まり建物に水が浸入することがあります。天井から部屋内に水が落ちてくることまでは無くても、建材に雨水がしみこんでしまうと、建材が腐食してしまって建物自体に悪影響が及びます。特にモルタル材が使用された壁は劣化が早いため雨漏りしやすく注意が必要です。

また、外壁に生じたひび割れから雨水などの水分が入りこみ建材に浸みてしまうこともあります。そうなると、建物自体の修復作業が必要になり外壁塗装工事以上の費用や手間がかかります。

2. 外壁の目で見てわかる劣化現象

塗装を行ってしばらく経った外壁を見てみると、劣化現象を見てとることができる場合があります。その種類と特徴、原因などについて解説していきます。まずはクラックと呼ばれる現象です。簡単に言うと塗装のひび割れのことを指します。

経年劣化で生じるクラックは主にヘアクラックと呼ばれる細いひび割れです。ヘアクラックは、塗装材の塗膜性能が経年によって劣化し、塗膜の下地が膨張するのを抑えきれずに生じます。

次にコケの発生です。コケは、コケの胞子が壁に付着して成長することで広がっていきます。都会よりも自然豊かな地域の建物でコケ胞子が付着、成長しやすいですが、都会でも日当たりの悪い場所などで見られます。また、凹凸の多い外壁もコケが繁殖しやすくなっており、注意が必要です。そして、コケと同じく外壁の見た目を悪くしてしまうのがカビです。

コケと同じように、カビの菌が壁に付着し、水分などを得て繁殖していきます。日当たりの悪い場所に多く発生し、定着して長く経つと掃除も難しくなっていきます。

最後に紹介するのはチョーキング現象です。チョーキング現象とは、壁に手を触れると指が塗装の色で汚れてしまう状態になることを言います。これは、塗膜内の顔料が壁の表面に出てきてしまっている状態で、主に経年劣化によって生じます。チョーキング現象が起きている状態の塗装は、壁を保護する役割を果たせていないということであり、塗り替えの必要があります。

3. 外壁材にあわせた塗料を選ぶ

外壁塗装工事に使用される塗料は、大きく分けて5種類存在します。これらは、種類ごとに特徴や価格が異なり、外壁材との相性も様々です。より良い塗装効果を生むためには、外壁材と相性の良い塗料を使うことが重要ですので、ここでは塗料について詳しく説明していきます。

一つ目はアクリル系樹脂塗料です。従来のアクリル系樹脂塗料は、低価格ながら耐久性に乏しいという認識があり、あまり用いられなくなっていました。しかし、近年では開発が進み耐久性を改良したものが徐々に用いられるようになってきているという側面もあります。

二つ目はウレタン系樹脂塗料です。アクリル系同様、低価格であるという特徴がある一方で、密着性に優れており、下地との相性が良いという利点が存在します。耐久性はやや低めとなっており、現在ではあまり塗料として使用されることはありません。

三つ目はシリコン系樹脂塗料です。価格も耐久性もバランスの取れたシリコン系樹脂塗料は、トップクラスの人気と使用率です。バリエーションも豊かで、様々な性能や色を有する塗料が存在します。

四つ目はラジカル制御型塗料です。近年になって登場し、価格に対して耐久性が優れているという点から注目を集めています。塗装の劣化を抑える働きをする原料が含まれていることや、カビが生えにくいという特徴があります。

五つ目はフッ素系樹脂塗料です。耐久性に特化しており、その分価格も高めになっています。汚れをはじきやすく、紫外線の影響も受けにくい塗料となっています。

外壁塗装工事用の塗料について種類を一覧にしています。向いている下地や価格、耐用年数についてもお知らせしています。

外壁塗装工事用の種類別塗料一覧

4. 屋根の塗装は外壁の塗装以上に傷みやすい

建物の構造上、雨風などの影響を最も受けるのは屋根です。つまり、外壁塗装においては比較的耐久性のある塗料でも、屋根となると外壁ほど長くは持たないということになります。屋根塗装の劣化が進むと、雨漏りなどの危険性が高まるため、外壁の塗りかえの際には屋根塗装も同時に検討することが大切です。

一般的な家屋に使用されているスレート瓦、セメント瓦などは塗り替えが必要ですが、中には銅製の瓦や粘土でできた瓦など耐久性が高い瓦も存在します。瓦の種類によっても施工が必要かどうかという点は変わるため注意してください。

また、屋根の劣化にも種類があり塗り替えが必要な場合とそうでない場合があります。カビや錆び、ひび割れは高圧洗浄や部分的な補修によって解決する場合が多く、塗り替えまで検討する必要はありません。一方で屋根が色あせてきたり、反り返ってきていたり、塗装のはがれが生じていたりすると場合は塗装の塗り替えが必要です。

塗装を劣化させる原因は雨風だけでなく、紫外線も存在します。屋根の場合は外壁よりも紫外線をかなりの量浴びることになります。外壁よりも過酷な環境にさらされている屋根は、こまめなメンテナンスが重要です。

5. 塗装の寿命前に行うと安く済む

塗装はある程度の年数が経過すると汚れを防ぐ効果やひび割れを防ぐ効果が薄れてきます。塗装の効果が薄れてくると前述したようなクラックやカビ、チョーキング現象が発生する可能性が高くなっていきます。クラックが発生したり、塗装の劣化によって雨漏りなどが発生し始めたりしてから塗装工事を行うと、まず修復作業が必要になります。

特に大きなクラックが生じている場合などは、塗装による修復だけでは不十分でありヒビを埋める作業が必要になります。また、カビやコケなどは塗装を行う前に高圧洗浄などで落とす必要があります。こういった修復作業が必要になる事態を避けるために、寿命だと考えられる時期よりも少し早めに外壁塗装工事を行うことが重要です。そうすることで余計な手間や費用がかからず、安く済ませることができます。

6. 塗装工事に適した季節

外壁塗装工事は屋外で行われる工事であるため、天候や気温が大いに関係します。時期によって工事におけるメリットやデメリットが存在し、それらを考慮して工事の時期を考える必要があります。ここでは、外壁塗装工事を行う上での季節ごとのメリットやデメリット、注意点について紹介していきます。

6-1. 春

春、特に4月から5月にかけては外壁塗装工事を行うのに最も適した季節であると言えます。外壁塗装工事を行う上で重要なのは工程ごとにしっかりと乾燥を行うことです。この季節は、空気が乾燥しており、風も吹くため短期間で塗装をしっかりと乾燥させることができます。

春に外壁塗装工事を行うこと自体にデメリットはほとんどありませんが、注意しなければならない点があります。春は外壁塗装工事を行う家庭が多く、塗装業者にとっての繁忙期です。そのため、早めに塗装業者に連絡をしておかないと時期をずらさなければならない可能性も出てきます。

3月などの直前期ではなく、少なくとも冬の間(12~2月)に塗装業者に連絡をしておくことをおすすめします。

6-2. 梅雨

梅雨は、雨の日が多いという点で外壁塗装工事にはあまり向いていません。塗装を行う際には、十分な乾燥を行いながら進めていくことが重要です。塗装を乾かしている最中に雨が降ると、壁を保護する塗膜が十分に形成されず、保護効果が減少してしまいます。

また、湿気が多いために乾燥に時間がかかることも考えられます。基本的に外壁塗装工事では湿度が85%以上の日には施工が困難であるとされています。さらに、業者によっては十分な乾燥を経ずに次の工程へと進んでしまうケースも少なくありません。

これらの点から考えると、梅雨の時期に外壁塗装工事を行うのはデメリットが多く困難であると言えます。ただし、梅雨の時期は気温が高いことが多いため、雨が降りにくい地域などでは十分な乾燥を見込むことができる場合もあります。

6-3. 夏

夏は空気が温かく、塗装の乾燥が早いため外壁塗装工事の工程自体にデメリットはほとんど存在しません。しかし、施工中は家屋の窓を開けることができない場合や、エアーコンディショナーの使用ができない場合が生じることが有ります。

つまり、施工中の生活に支障が出る可能性が生じます。施工中に窓の開閉は可能か、エアーコンディショナーを使用できなくなる期間が生じるか、といったことは前もって塗装業者に聞いてみることが大切です。また、湿度が非常に高い場合には施工に時間がかかることがあるので注意してください。

6-4. 秋

秋(9月~10月)も、春と同じく空気が乾燥していて十分な風が吹くため外壁塗装工事においてはベストシーズンだとされています。この時期に考えられる注意点は塗装業者が忙しく、直前の連絡では予約ができない可能性があるということです。少なくとも6月か7月ごろには連絡をとることが重要です。

また、塗装業者が忙しい時期には外壁塗装工事にかかる費用の割引が行われない場合もありますので注意してください。

6-5. 冬

冬は、外壁塗装工事を行うには適さない時期であると言えます。外壁塗装工事を行う際に、気温が5度を下回ると施工が困難になります。日中は5度以上であっても、夜間に5度を下回ることになると、乾燥などが十分に行えません。低温によって霜が降りたり夜露が発生したりすると乾燥に時間がかかり、施工期間が延びてしまうことが考えられます。

外壁を保護するための塗膜が低温によって凍る場合もあり、そうなると塗膜の保護力が落ちてしまいます。

また、日照時間の関係から1日の作業時間が短くなってしまい、結果として全体の施工期間も長めになることがあります。外壁塗装工事と同時に屋根の塗装工事を行う場合も、冬場は凍結によって作業が困難となることが多いため不向きです。

しかし、冬場はこれらの点を考えて外壁塗装工事を行う家庭が少ないため塗装業者によっては割引などのキャンペーンが行われている場合があります。時間がかかっても割安で工事ができる場合があるのは冬場のメリットです。

7. まとめ

ここまで述べてきた外壁塗装工事を行う上でのポイントについてまとめます。まず、建物は外壁塗装工事をやり直さないと劣化が早いという点を挙げました。外壁塗装は経年劣化によって建物を保護する力が弱まるためです。外壁塗装の主な劣化の例としては、クラックと呼ばれるひび割れ、コケやカビの発生、触ると塗料が手についてしまうチョーキング現象があります。

これらは主に、壁を保護する役割の塗膜が劣化していることに起因しています。塗膜の劣化が進むと、建物内に雨水が浸透して建材が腐ってしまう場合があります。

次に、外壁塗装工事を行う際に使用される塗料についてです。塗料には豊富な種類が存在し、特徴や価格、外壁材との相性は様々です。少し前までは一般的に使用されていたアクリル系樹脂塗料やウレタン系樹脂塗料は、低価格ですが耐久性の点であまり用いられなくなりました。

一方で、現在主流になりつつあるのがシリコン系樹脂塗料です。アクリルやウレタンの問題点である耐久性に優れ、価格とのバランスもとれている点で人気を集めています。近年登場したラジカル制御型塗料も、シリコン系樹脂塗料と変わらない価格で耐久性がより優れているため注目されています。

価格は少し上がりますが、耐久性も含め優れた性能を持つフッ素系樹脂塗料も存在します。基本的にどの塗料もモルタル系の外壁材とは相性が良いため使用可能です。しかし木質系ではウレタン系樹脂塗料、サイディングではラジカル制御型塗料の相性が良いのが特徴です。

外壁と同じく、屋根も塗装工事を定期的に行わなければいけません。屋根は雨風に加え、紫外線を多く浴びるため外壁よりも劣化が早い場合があります。塗装のはがれや反り返りなどを発見した場合には塗装の塗り替えを検討することが重要です。

では、実際に外壁塗装工事を行う場合に適した季節はいつなのかについて説明します。外壁塗装工事を行う際に重要なのは、十分な乾燥ができるかどうかです。この点を考慮し、最も外壁塗装工事に適しているのは春と秋だとされています。

春と秋は、空気が乾燥しており風も吹きます。さらに気温が安定していることなども乾燥を行う上でメリットとなるポイントです。乾燥に時間がかかり施工期間が長くなる心配もありません。しかしながら春と秋は外壁塗装工事の人気シーズンです。直前に塗装業者に連絡しても工事ができない場合がありますので、早めの予約が重要です。割引などの特典が無い場合も多いということに注意してください。

春と秋以外で外壁塗装工事を行うとすれば、次におすすめできるのは夏です。雨が降って湿度が高くなりやすいことに注意すれば基本的には工事に影響はありません。気温が高く、日が長いためまとまった作業時間がとりやすい点がメリットです。

一方で、梅雨と冬は外壁塗装工事にはあまり向いていません。外壁塗装工事は、湿度が85%以上あるいは気温が5度以下の場合には施工ができません。乾燥が重要な外壁塗装工事において湿度は大敵です。また、塗膜が低温によって凍結すると壁を保護する機能が低下してしまいます。気候の点では梅雨や冬はデメリットが多いと言えます。

しかし、塗装業者は注文が減るこの時期に割引などのキャンペーンを行う場合があります。外壁塗装工事を行う際には、塗料の耐久性や外壁材との相性を考えることが重要です。それだけではなく、塗料が乾燥しやすく効果的に施工が行える時期のことも考慮すると、外壁の保護力が不必要に落ちてしまうこともありません。

無料ebook|土地活用が気になり出したら最初に読む本

土地活用は相続対策に適していると言われていますが、実はそれ以上に「黒字経営」させることが重要です。

収益性を考えた時に重要になる、

・投資分析の視点
・市場分析の視点
・ファイナンスの視点
・財産継承の視点
・タックスプランニングの視点

という5つの視点の解説など、ブログでは公開できない土地活用のコツをお伝えいたします。