はじめての方へ

この度は私どものサイトへお越しいただき、誠にありがとうございます。

私どもは大阪、兵庫を中心に30年以上土地活用のお手伝いをさせてもらってきた、税理士法人と建設会社になります。

土地活用で成功するには、「プロにお任せ」「業者にお任せ」ではいけないと思っています。なぜなら、土地活用には税務、法務、建築や駐車場といった経営ノウハウなど様々な要因が複雑に絡み合っているので、「土地活用の全てにおけるプロ」はそう多くないからです。

非常に悲しいことに、会社に言われるがまま受注をとるための営業も少なくありません。

だからこそ、土地活用をされるご本人様自身が正しい土地活用の知識を身につけていただくことが大切だと思い、当サイトを立ち上げました。

あなたの土地活用成功のためにも、掲載情報をご活用いただきたいと思っています。

私たちの想い

私どもが土地活用のご相談を受けるとき、必ずお尋ねすることがあります。それは「ご依頼者様の土地活用成功だと言える姿は何か?」ということです。

土地活用と一口に言っても、「老後の年金替わり」なのか「相続のため」なのか「土地を守りたい」なのかによって、向かうべき方向は変わってきます。

その目的によっては、活用するよりも売却した方がベストだということも多大にあるからです。

しかし、残念なことに多くの会社は自社の利益のために活用の提案をする場合が少なくありません。

土地活用をされる際、弊社の他に、他社さんの見積もりを取られる場合が殆どなので、私どもも他社さんのプランを拝見する機会があります。そして、非常に驚かされるのです。なぜなら、その土地の相場価格よりもはるかに高い賃貸マンションのプランで高利回りだと言ったり、5%以下の利回りでご提案していたりするからです。

 

土地活用は手を打って終わりではありません。そこから何十年と経営していく必要があり、その中で多くのリスクや社会変化が表れてきます。そのようなことを全く考慮されていないのです。

土地活用を始めようと検討される方の多くは、検討しなければいけない状況になったから、情報収集を始められています。逆に言えば、それまで全く土地活用に関わってこなかった方が殆どなのです。

そのような方が、企業に言われるがままになってしまう状況は致し方ないのかもしれませんが、少しでも多くの方が土地活用で不幸にならないために、そして本来の目的のための活用できるために、私どもは尽力していきたいというのが、私どもの願いです。 

失敗しないために大切なのは、「キャッシュフロー経営」

土地活用の失敗に陥らないためにはどうしたらよいのかを考え、長年土地活用のご支援をさせていただく中で行きついた答えが「キャッシュフロー経営」でした。

キャッシュフロー経営とは、長期的な目線を持ち、収入や経費、税金の支払い、銀行への借入金返済など全ての現金の流れを明確にした経営と定義をしています。

賃貸マンションでも、駐車場でも、店舗でも、土地活用に共通して言えるのは、「一事業を経営している」ということです。つまり、オーナーさん自身が経営者感覚を持ち、資金繰りの意識を持たなければなりません。

キャッシュフロー経営を念頭に置き、具体的に全ての資金を分解していくことで、いかに手のこりを増やせるかといった改善はもちろん、どのタイミングでリスクが発生するのか、といった予測を立てることができます。

全ての資金を分解するのが難しいのであれば、まずは少なくとも、銀行の借入返済までの期間のキャッシュフローは、土地活用に着手する前に一度組んでみることをオススメします。そうすることで、被らなくてよかった被害を最小限に抑えることができるのです。

初めて土地活用をする方だと、もちろんキャッシュフローを組むことは簡単なことではありません。だからこそ、信頼できる土地活用の経験豊富なパートナーを見つけ、二人三脚で経営を行っていくことが重要だと考えています。

土地活用はチームで乗り越えることが重要

土地活用は税務や法務の知識、経営者としての資金繰りの知識や賃貸経営のノウハウなど様々な要因が複雑に絡み合っています。どこか1つでも穴があった場合、予期せぬ落とし穴にはまりかねません。

だからこそ、賃貸経営はチームで取り組むことが重要だと思っています。信頼できる税理士や弁護士、マンションや駐車場の建築(運営)会社などのプロフェッショナル、同じ境遇にあり共に支え合いながら頑張れるオーナー仲間、そして家族や親族の理解や協力。それらが揃って初めて、キャッシュフロー経営は成り立ちます。

まずは1人で抱え込んで判断せずに、信頼できる人に相談することから始めることが良いでしょう。その中で信頼できるプロやオーナー仲間を探していき、みんなの力を借りながら経営していくことで、土地活用の成功に近づけると考えています。

自己紹介

ひょうご税理士法人

平成元年創業 兵庫県・大阪府を中心に「税務・相続におけるお客様のベストパートナーになる」という理念を掲げ、社員数46名と全国でもトップ5%の規模に拡大。特に不動産・相続に強い会計事務所として相続税申告は累計1600件超(兵庫県No.1)、遺言書・家族信託・相続手続は累計800件超、不動産賃貸業を中心とした確定申告900件/年を取り扱っています。

代表は公認会計士・税理士・宅地建物取引士の資格を保有。自らが不動産営業に従事し賃貸・売買・仲介・収益物件の取扱いも行ってきたキャリアも活かし数多くの不動産コンサルティングを手掛けています。税金・相続・キャッシュフローなど多角的・本質的・長期的な視点からの不動産有効活用のアドバイスを得意としています。

進和建設工業株式会社

昭和43創業以来、堺に本社を置き、大阪府を中心に地域密着で建設事業と資産コンサルティング事業を展開し、これまでに450棟以上の賃貸マンション、サービス付き高齢者住宅、戸建て賃貸などをプロデュースし、それらの入居率は95%以上を保っています。

さらなるマンションの開発、技術の向上、低コスト化にも力を注いでいる。また建築のプロとして高利回りを産むマンション建設を行っています。

過去に堺税務署より3度優良法人に認定。2016年には自社で設計施工を行った賃貸マンションが「第30回大阪市ハウジングデザイン賞」を受賞。

当社代表の著書に「行列ができるマンション経営」「トップは志をつくりなさい」「土地活用の成功学」「頭が勝手に働き出す思考法」「中堅建設会社が実践する 「家計簿経営」」がある。